二重まぶた(埋没法、挙筋法)

安全で安心な埋没法

それは挙筋法(きょきんほう)


当院は厚生労働省の医療広告ガイドライン準拠を目指しております。

現在、手術前後の症例写真、体験談等は、掲載しておりません。

医療法における病院等の広告規制について








ご相談は、院長直通メールで!

a-b-c@krb.biglobe.ne.jp

ご予約は、お電話で!

046-828-4112


安全で安心な埋没法。

それは挙筋法(きょきんほう)です。

角膜を傷つけない挙筋法(きょきんほう)は、眼科専門医も推薦しています。


費用について

片眼1点固定 4万円(+税)

片眼2点固定 6万円(+税)

片眼3点固定 8万円(+税)

両眼1点固定 6万円(+税)

両眼2点固定 10万円(+税)

両眼3点固定 14万円(+税)


※すべて、1年間の保証あり

二重のラインが消失した場合は、無料で再手術いたします。


挙筋法(きょきんほう)について

二重まぶたの手術といえば、何といっても、埋没法が人気です。

埋没法は「切らない」「メスを使わない」「傷が残らない」「しあがりが自然」「いつでも元に戻せる」などと広告されているので、非常に手軽な良いイメージがあります。

最近では「眼のプチ整形」とも呼ばれるようになりました。

費用が比較的に安いというのも大きなベネフィットです。

しかし、実をいうと、埋没法は、後で「とれた」「元に戻った」というトラブル、クレームが少なくないのです。

逆に、ラインが気にいらなくて元に戻そうとしたのに、結局、戻らなかったということもあります。

埋没法を希望する患者さまは、手術の前に、そのベネフィット、リスクを、よく理解するようにしてください。

アロマ美容外科クリニックでは、角膜を傷つけない安全な挙筋法(きょきんほう)で手術を行っています。


一般的な埋没法(瞼板法、けんばんほう)とは?

多くの美容外科クリニックで行われている手術方法です。

糸を瞼板(けんばん)に通すので、糸が瞼板上に露出します。

このため、手術後は眼にゴミが入ったようなゴロゴロ感があります。

この糸は、通常、時間が経つにつれて、自然に結膜にカバーされ、ゴロゴロ感も消失します。

しかし、時々、この糸が角膜を傷つけたりすることがあるのです。

そのため、眼科医からは非常に評判の悪い手術となっています。

また、瞼板法は挙筋法と比較してラインが消えやすい、戻りやすいといわれています。

これは、糸を強く縛るので、皮下の柔らかい組織が切れてしまうからではないかと推測しています。


安心で安全な埋没法(挙筋法、きょきんほう)とは?


埋没法の中でも、糸を瞼板に通さない方法です。

糸が瞼板上に露出しないので、手術後の眼のゴロゴロ感がありません。

糸が角膜を傷つけることも、ありません。

これは眼科医も推薦している手術方法です。


挙筋法で眼瞼下垂になりませんか?

なりません。

もし、なったとしたら、糸を強くしばり過ぎたのが原因ではないかと思います。


参考文献

(市田正成先生の著書より抜粋)

皮膚眼瞼挙筋連結法

この方法は、皮膚と挙筋とを縫合糸で連結縫合する手技である。

代表的な方法として、武藤の方法がある。

この皮膚と眼瞼挙筋とを連結する術式は、二重瞼の解剖学的な状態を縫合糸にて作る点においては理にかなっているのであるが、実際の手術となると、結紮する際の糸の締め具合がもっとも重要なポイントであり、ゆるすぎると重瞼線が早く消失してしまうことになり、またきつすぎると、予定の重瞼より幅の広すぎる非常に不自然な二重瞼になってしまう。

そこで、術中必ず、患者に目を開けさせながら、きつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいい程度の締め方で結紮する必要がある。

したがって、この方法は常に良い結果を得るためにはかなりの熟練を要する。